News
  • トップページ
  • News一覧
  • 【大雪像制作の様子】すべての医療従事者に感謝を込めて フローレンス・ナイチンゲールの偉業を偲ぶエンブリー荘

【大雪像制作の様子】すべての医療従事者に感謝を込めて フローレンス・ナイチンゲールの偉業を偲ぶエンブリー荘

2023.01.22
  • 雪像制作の様子
HBC広場EMBLEY©北海道放送2023

大通会場7丁目 HBC広場の大雪像「すべての医療従事者に感謝を込めて フローレンス・ナイチンゲールの偉業を偲ぶエンブリー荘」の制作の様子をお届けします。

大雪像は1月7日から2月2日までの27日間をかけて制作します。
お披露目は2月4日の雪まつり開幕日になりますので、皆さまへお楽しみにお待ち下さい!

1月9日(3日目)

予定の4割まで輸送と積み上げが進みました。建物部の型枠内に雪を積み上げている様子がおわかりいただけるでしょうか?

1月10日(4日目)

雪の投入は予定の6割まで進みました。高さは1日で3メートルほど増しております。

1月11日(5日目)

予定の7割まで積み上げが進みました。今はクレーン車で上から投入しています。

1月12日(6日目)

雪の投入は完了しました。2日間かけて、雪が固く締まるのを待ちます。

1月13日(7日目)

「寝かせ」のため、作業はありませんでした。暖気で大きな水たまりができています。

1月14日(8日目)

「寝かせ」のため、作業はありませんでした。暖気で大きな水たまりができています。

1月15日(9日目)

囲いのコンパネが外されました。いよいよ粗削りが始まります。

1月16日(10日目)

会場にもたくさんの雪が積もりました。引き続き粗削りを行っています。

1月17日(11日目)

建物の屋根のような形が見えて参りました。粗削りも最終段階に入ったようです。

1月18日(12日目)

削った雪はダンプに積んで、捨ててしまいます。雪を再利用する事はありません。

1月19日(13日目)

建物らしい姿になって参りました。屋根の傾斜を削り出した所がよく見えております。

1月20日(14日目)

雪像の上部に三角がたくさん見えますが、日光による融解や積雪を防ぐための白いシートです。

1月21日(15日目)

本日は「ソリ」がたくさん見えております。雪を運搬するためには絶好の道具です。

1月22日(16日目)

足場の最上段に何かがぶら下がっているのが見えますか?これは、雪をバケツに入れて引き上げるためのウィンチです。

1月23日(17日目)

上段の中央付近にご注目ください。建物の格子模様が刻まれているのがはっきりとご覧いただけます。

1月25日(19日目)

午前は吹雪で、作業に従事する隊員にとっては辛い環境でした。午後は晴れたものの、厳しい冷え込みでした。

1月26日(20日目)

尖塔の形が、青空に美しく映えています。屋根の完成は間近のようです。

1月27日(21日目)

ステージとなる部分の面出しを行いました。水平・直角・一直線を目指します。

1月28日(22日目)

屋根部分は既に出来上がっております。一部で、足場の解体が始まりました。

1月29日(23日目)

屋根と2階の部分はほぼ仕上がり、1階部分の細部彫刻を行っています。
PAGETOP