Loading...
Page Menu
 

大通会場

開催期間:
-

開催時間:ライトアップは22:00まで
開催場所:大通公園 西1丁目~西12丁目

大通会場の様子

札幌の都心部・大通公園に、約1.5キロメートルに渡る雪と氷の世界が出現。迫力のある大雪像やスケートリンク、北海道ならではのグルメ、イベントなど楽しめるコンテンツが盛りだくさん!毎年人気のプロジェクションマッピングも見逃せません。

すすきの会場

開催期間:
-

開催時間:ライトアップは23:00まで。※最終日は22:00まで
開催場所:南4条通から南7条通までの西4丁目線(駅前通り)市道

すすきの会場の様子

「氷を楽しむ」をテーマに、幻想的な氷像が立ち並びます。また、氷像に触れる、乗れるなどのふれあい広場、撮影スポットとしてのイルミネーションロードのほか、アイスバーでは温かい飲み物を用意しています。さらに、氷の女王の撮影会 など、すすきのならではの催しが繰り広げられます。

つどーむ会場

開催期間:
-

開催時間:9:00~17:00
開催場所:札幌市スポーツ交流施設  コミュニティドーム(愛称:つどーむ)札幌市東区栄町885番地1

つどーむ会場の様子

すべり台やスノーラフトなど、子供から大人までが北海道の自然の中で雪とふれあうことができるのがこの会場のコンセプト。
つどーむ施設内の屋内スペースでは、大規模な休憩所や飲食ブース、お子様が安心して遊べるアトラクションなど遊びがいっぱい。冬の北海道の魅力を存分に楽しめる会場です。

主催札幌市、(一社)札幌観光協会、札幌市教育委員会、札幌商工会議所
主管さっぽろ雪まつり実行委員会
協力陸上自衛隊北部方面隊、陸上自衛隊第11 旅団
後援北海道、(公社)北海道観光振興機構、北海道新聞社、朝日新聞北海道支社、毎日新聞北海道支社、読売新聞北海道支社、日本経済新聞社札幌支社、報知新聞社北海道支局、北海道日刊スポーツ新聞社、道新スポーツ、スポーツニッポン新聞社北海道総局、NHK札幌放送局、HBC北海道放送、STV札幌テレビ放送、HTB北海道テレビ、UHB北海道文化放送、TVhテレビ北海道、AIR-G'エフエム北海道、FMノースウエーブ、ジェイコム札幌

雪像ができるまで

ビルに例えると、4 階から5 階位の高さになる大雪像はどのように作られるのでしょうか?
ここでは雪まつりの大雪像制作の過程を紹介します。

  1. 1

    採雪

    札幌近郊の採雪地できれいな雪を採雪します。

  2. 2

    積雪

    会場まで運び入れます。大雪像1基で約600 台の運搬を行います。

  3. 3

    足場組み立て

    足場を組み、運搬された雪を大型重機を使って、積み上げていきます。

  4. 4

    寝かせ

    積み上げが完了すると雪の結着を安定させるために寝かせます。

  5. 5

    粗削り

    寝かせが終わると、粗削りを行います。

  6. 6

    細部彫刻

    その後細部の制作にとりかかります。

  7. 7

    夜間作業

    夜間作業を行いながら緻密に仕上げていきます。

  8. 8

    概成

    ほぼ、雪像の形ができあがりましたが、ここからが本番です。

  9. 9

    仕上げ

    事前に準備したパーツなどをつけくわえながら、細部まで仕上げていきます。

  10. 10

    完成!

    見事な大雪像が完成し、皆様に楽しんでいただきます。

さっぽろ雪まつり映像

雪像制作のようす

さっぽろ雪まつり大通会場・大雪像の制作状況を雪像完成までを期間中更新します。

Coming Soon

雪まつりを楽しむための服装

大通会場・すすきの会場
寒さが厳しい2月の札幌。厚手のコートやダウン、防寒用の帽子、マフラー、手袋は必携です。ヒートテックやタイツなどを着用して、しっかり防寒対策を。路面が滑りやすいため、滑りにくい靴をチョイスしてください。また、コンビニなどで靴の滑り止めを販売しているので購入するのもおすすめです。
つどーむ会場
つどーむ会場は滑り台やスノーラフトなど、体験アクティビティがあるのが特徴。スキーやスノーボードウエアなどの動きやすく防寒性に優れた服装がおすすめ。帽子や手袋も忘れずに。小さな子供は、上下つなぎタイプのジャンプスーツを着用するとお腹に雪が入るのを防ぐことができますよ。

さっぽろ雪まつりの歴史

雪まつりは、1950 年に、地元の中・高校生が6 つの雪像を大通公園に設置したことを きっかけに始まりました。
雪合戦、雪像展、カーニバル等を合わせて開催、5 万人あまりの人出で予想以上の大人気でした。
以後、札幌の冬の行事として市民に定着していくことになります。

国際雪像コンクール

世界各地の国・地域・都市によるチームが参加して雪像制作を競いあいます。
国際色豊かな雪像がたくさん並ぶ会場は一般にも公開され、
参加者同士や見学者との交流・友好が繰り広げられます。

歴代のポスター

70年以上、進化し続けるさっぽろ雪まつりの歴代のポスターを振り返ります。