大通会場の雪像・催し


1丁目 J:COMひろば

スケートリンク


拡大画像

※写真は過去の雪まつりの様子

前回も大好評だった屋外スケートリンクが 大通1丁目会場に登場!ご家族で楽しめる体験型のアトラクションです。

夜になるとツリーと「テレビ塔」のイルミネーションが点灯し、ロマンチックで幻想的な空間となります。

※天候により、滑走できない場合があります。

ページの先頭へ戻る

2丁目 道新 氷の広場

大氷像 おもちゃの街


©北海道新聞社
拡大画像

しあわせを表わすシンボルとして、おもちゃ箱から飛び出した世界をイメージした、メーン氷像「おもちゃの街」を制作します。メーン氷像中心に、おもちゃ箱から顔を出す小動物のぬいぐるみを表現した小氷像や、その他会場内でしあわせを感じることのできる広場として、子供はもちろんのこと大人も童心に戻れるような楽しい会場をイメージして構成します。

ページの先頭へ戻る

3丁目 HTB PARK AIR広場

白い恋人 PARK AIRジャンプ台


拡大画像

※写真は過去の雪まつりの様子
「白い恋人 PARK AIR ジャンプ台」で繰り広げられる、迫力あるジャンプを是非 お楽しみください。

ページの先頭へ戻る

4丁目 STV広場

大雪像 雪のスター・ウォーズ

5
©Lucasfilm Ltd.& TM. All Rights Reserved. ©STV
拡大画像

全世界待望の映画『Star Wars:The Force Awakens(原題)』の2015年12月18日(金)の劇場公開に先駆け、さっぽろ雪まつり大通4丁目STV広場に、世界初、ルーカス・フィルム公認の「スター・ウォーズ」大雪像が登場!
右側には「スター・ウォーズ」シリーズの象徴で、世紀を超えて愛される「ダース・ベイダー」。稀代の悪役が持つ「恐怖・迫力」とともに、「苦悩・悲哀」も同時に表現しています。
左側には「ダース・ベイダー」軍の忠実な歩兵「ストーム・トルーパー」、後方には細かい部分まで精巧に再現された宇宙戦闘機「タイファイター」と、宇宙要塞「デス・スター」も並んでいます。
映画とは一味違う、白一色で作られた雪まつり特別ヴァージョンの「スター・ウォーズの世界観」をお楽しみ下さい。

雪像制作:陸上自衛隊第11旅団第1雪像制作隊、陸上自衛隊 第11特科隊、陸上自衛隊 第11偵察隊、陸上自衛隊 第11高射特科中隊

ページの先頭へ戻る

5丁目東 環境ひろば

大雪像 雪の国のアリス

#
©2014 さっぽろ雪まつり実行委員会,Noriyuki Sawa
拡大画像

今回の大雪像は、幼い少女アリスが、不思議の国を冒険する物語となっている「不思議の国のアリス」をもとに作られた「雪の国のアリス」がテーマとなっています。
制作は、札幌商工会議所の建設部会を中心としたさっぽろ雪まつり大雪像委員会が担当し、本の形をモチーフに物語の世界観を雪像で表現しています。
雪まつり期間中は、大雪像をステージに見立て、「雪の国のアリス」というお話を人形劇とオペラの融合によるアートステージで上演する予定です。

ページの先頭へ戻る

5丁目西 毎日氷の広場

大氷像 台湾-行天宮(台北市)


©毎日新聞社
拡大画像

行天宮は、台北市のほぼ真ん中に位置し、歴史的に有名な武将である関羽(関聖帝君)を祭っている関帝廟です。関羽(162~219年)は信義を重んじたため、「武聖」と呼ばれ、また初めてそろばんと帳簿を使ったとされていることから「商売の神様」としても有名です。行天宮には、商売繁盛を願って参拝に訪れる人々が後を絶ちません。
また、行天宮は霊験あらたかな場所として知られており、占いに来る人が、多いときには1日に2万人を超えることもあります。地下にはマーケットがあり、そのほとんどが占いの屋台であり、台北地域でも最も人気のある寺院・観光地の一つとなっております。
行天宮の起源は、1943年に現在の迪化街に創建した行天堂であり、1949年に林森北路に移されましたが、後に中学校がこの場所に建設されることになり、1968年に現在の場所に移設されました。当宮の他に、台北市郊外の北投と三峡に、それぞれ「分宮」があります。

ページの先頭へ戻る

6丁目 市民の広場

中雪像 おっほんの子供達への思いやり ~ユネスコ寺子屋プロジェクトに参加しよう~


©札幌市教育委員会、
札幌平岸高等学校
拡大画像

札幌らしい学校教育キャラクター「ちっきゅん」、「おっほん」、「ゆっぽろ」たちは、カンボジアの子供たちのための学校建設を進める日本ユネスコ協会連盟の世界寺子屋プロジェクトへの参加を呼びかけています。

ページの先頭へ戻る

北海道 食の広場(Hokkaido Winter Food Park)


拡大画像
※写真は過去の雪まつりの様子

「北海道 食の広場」を今回も展開し、道内各地の味覚が6丁目会場に集結します。

ページの先頭へ戻る

7丁目 HBCフィリピン広場

大雪像 マニラ大聖堂


©HBC
拡大画像

この会場はHBC国際親善広場です。
今回の大雪像は、フィリピン共和国の首都マニラにある「マニラ大聖堂」です。
ヨーロッパから東インド諸島まで西に旅していたスペイン探検隊のフェルディナンド・マゼランは、1521年、フィリピンに到達しました。その歴史的瞬間から、300年以上の間続くスペインの影響が始まりました。マニラは16世紀、国の首都となって以来、政治、ビジネス、文化と芸術、エンターテインメントと交通の中枢を担ってきました。
「マニラ大聖堂」は、城壁に囲まれた街「イントラムロス」(スペイン時代に建設された要塞)に荘厳に立っています。1581年に創建された時から400年以上の時を経たアジアで最も古い教会のひとつです。
台風・火災・地震・戦争などの幾多の困難を乗り越えてきた大聖堂は、フィリピン信仰の回復力の象徴です。第二次世界大戦で破壊されましたが、1958年に再建されました。初めてこの地に建てられてから7回目の再建です。
「マニラ大聖堂」は、「フィリピンの母なる教会」と呼ばれ、1981年4月27日のヨハネ・パウロ2世法王訪問の際に、「無原罪懐胎のバシリカ」と命ぜられ、バチカン市国の紋章をその正面につけることが許されました。ネオロマネスク様式の複雑なデザインと装飾によって、「マニラ大聖堂」は、フィリピンのキリスト教遺産で最も重んじられた建築物のひとつとなっています。

ページの先頭へ戻る

 

8丁目 雪のHTB広場

大雪像 春日大社・中門


©HTB
拡大画像

「第66回さっぽろ雪まつり」では、奈良県にある世界遺産「春日大社・中門」が8丁目会場に登場します。
春日大社は、20年に1度社殿の式年造替(修築大事業)を行っています。これは、神殿や御神宝などを造り替え、修繕を行うことで御神威の発揚を願うものであり、まさに来年(2015年)に本殿の修築に入ります。新たな本殿が完成するのは、1年後の2016年です。その2016年に新調された春日大社のPRをしていくことになりますが、そのプレ展開として2015年は通年で各種PRを行っていきたいと、国内外に大きな発信力を持つさっぽろ雪まつりでの大雪像制作に白羽の矢が立ちました。
大雪像「春日大社・中門」は、ほぼ実物大の高さ11.5メートル、幅17.2メートル、奥行き9.3メートル。
使用する雪の量は5tトラック400台分、およそ2000トン。『アイスブロック工法』と言われる独自の技術で作った101種、約1540個の細かいアイスブロックを貼り付け、制作します。
制作は『北海道テレビ放送』と『陸上自衛隊第11旅団第18普通科連隊』。のべ3500人の自衛官が29日かけて制作致します。

雪像制作:陸上自衛隊第11旅団第2雪像制作隊、陸上自衛隊第18普通科連隊

ページの先頭へ戻る

9丁目 市民の広場

中雪像 ばん馬競走 / 札幌農学校第二農場(モデルバーン)


拡大画像

ばん馬競走
開拓時代から祖先そして我々道産子と苦楽を共にしてきた馬達。かつてはあちこちの牧場でそんな馬達の力自慢が行われていたようです。重い積荷を率いて人馬一体となり懸命に坂を駆け上がる姿に熱い声援を送らずにはいられません。
力強いその姿に勇気をもらい目の前の大きな坂を一歩一歩乗り越えましょう。

札幌農学校第二農場(モデルバーン)
「札幌農学校第二農場」はクラーク博士の構想によって一戸の酪農家をイメージした畜舎と関連施設を並べ、北海道最初の畜産経営の実践農場として約120年前に発足しました。その場所は、北大札幌キャンパスを縦貫する中央通りの北端にあり、周囲の喧噪をよそに静かなたたずまいを見せています。また、そこには札幌農学校発足以来の農機具を収蔵し、日本全国から収集された鍬(くわ)と鋤(すき)、北海道農業の畜力機械化のために輸入・使用された機種、その中で実用化された農機具の発展過程などを示す標本があります。

ページの先頭へ戻る

10丁目 UHBファミリーランド

大雪像 楽しいサザエさん一家 inさっぽろ雪まつり


拡大画像
©長谷川町子美術館
※著作権管理のため転載はご遠慮願います
©UHB

国民的人気番組「サザエさん」のサザエさん一家が大通10丁目会場UHBファミリーランドに大雪像となって登場!サザエさんをはじめ、波平、フネ、マスオ、カツオ、ワカメ、タラちゃん、そして猫のタマも顔を出して、おなじみの一家がこたつに勢揃い!

「サザエさん」(毎週日曜日18時30分~フジテレビ系列で放送中)は、1969年に番組がスタートしてから、2014年10月5日(日)でちょうど放送開始45周年を迎えました。

ページの先頭へ戻る


中雪像 カップヌードルすべり台


©UHB
拡大画像
 

雪の滑り台。 お子さんに楽しんでいただける雪像です。

ページの先頭へ戻る

11丁目 国際広場

国際雪像コンクール


拡大画像

※写真は過去の雪まつりの様子

世界各地の国・地域・都市によるチームが参加して雪像制作を競いあいます。国際色豊かな雪像がたくさん並ぶ会場は一般にも公開され、参加者同士や見学者との交流・友好が繰り広げられます。

詳しくはこちら

ページの先頭へ戻る

12丁目 市民の広場

市民雪像


拡大画像

※写真は過去の雪まつりの様子

市民雪像が作成されます。
市民手づくりの力作やユニークな作品が並 びます。