Loading...

雪像制作の様子

4丁目 STV広場
ALL IS ONE™~世界のはじまり、アイヌ物語~

©STV©Hard Rock Japan ©Moment Factory All Right Reserved.
制作:さっぽろ雪まつり大雪像制作委員会、第3雪像制作部会
(NPO法人北海道の地域文化を守る会)

  • 2020年01月20日

    今日は除雪作業からスタートしました。雪除けのブルーシートも張っています。
    雪像は大きな変化はありませんが、順調に完成に向かっています。
    そして今日から夜間作業のスタートです。

  • 2020年01月19日

    引き続き上部の作成、調整を行っています。
    ふくろう、姫、雷神の形が分かるようになってきました。

  • 2020年01月18日

    上部の森部分がほぼ完成してます。
    ふくろう、姫、雷神も粗削りが終わりネタ張り調整に入ってます。
    クマのラインも見えきました。

  • 2020年01月17日

    側面の壁をボランティアさんに綺麗に仕上げてもらいました。
    上部もネタ張りが進んでいます。

  • 2020年01月16日

    粗削りが終わった所からネタ雪を張って形を整えています。
    ネタ雪とは化粧雪と呼ばれる汚れのない綺麗に保管されている雪に水分を含ませた雪のことです。
    粗削りした所に張り付けるので場所によって水分量を調節しています。

  • 2020年01月15日

    今日からボランティアさんが来て作業のお手伝いをしてくれます。
    ボランティアさんには南壁を綺麗に仕上げてもらいます。
    正面の雪像は引き続き粗削りを行っています。

  • 2020年01月14日

    粗削り作業にはいりました。
    粗削りは寸法を測って下書きした線に沿って大まかに削っていく作業です。
    チェーンソーやエンピで削るのですがしっかり踏み固められた雪を削るのはかなりの体力が必要となる作業です。

  • 2020年01月13日

    昨日に引き続き削り作業に入る為の
    寸法測り、下書き作業です。

  • 2020年01月12日

    今日は前面の作業がしやすいように足場を組み替えてもらい寸法を測って下書きの作業です。
    クマ部分の雪入れも同時進行で行っています。

  • 2020年01月11日

    背面の基礎が出来ました。
    この雪の壁に寸法を測り下書きをしていきます。
    削る作業に入るのはもう少し先になります。

  • 2020年01月10日

    本日クレーンを使って雪入れをします。
    クレーンで上げてきた雪は大きな塊が多いのでなるべく隙間ができないように先がギザギザのスコップ(エンピ)で砕くのですが、これがかなり重労働。
    作業中は汗かくほど熱いのですが、高所での作業なのでちょっと作業が止まると寒くなります。
    体調管理は十分に気を付けたいとおもいます。

  • 2020年01月09日

    今日は計60台の雪輸送が行われました。
    作業は昨日と変わりませんが、前面に流れ止め用の足場が組まれました。

  • 2020年01月08日

    本日は京極町から60台、さとらんどから30台合計90台のトラックによる雪輸送が行われ大分雪も積みあがってきました。
    ユンボによる雪積のあと作業隊が先がギザギザのスコップで砕き足でしっかり踏み固める作業を行います。

  • 2020年01月07日

    本日、安全祈願祭が行われ、雪像制作が始まりました。
    今年は雪不足が心配されていますが、道内各所からかき集め雪輸送も順調に行われています。

    完成に向けて怪我のないようチーム一丸となって頑張ります!