Loading...

NEWS

  • 大通会場
  • お知らせ

大通会場8丁目「雪のHTB広場」

8chome_1.jpg
大通会場8丁目「雪のHTB広場」には、2020年4月24日に北海道白老町ポロト湖畔に誕生する先住民族アイヌの歴史と文化を主題とした日本初・日本最北の国立博物館「ウポポイ(民族共生象徴空間)」をテーマにした大雪像が登場。

8丁目大雪像

毎日17時30分~20時30分は30分おきにプロジェクションマッピングが行われており、夜はこの様子をひと目見ようと、多くの来場者で賑わっています。

8丁目大雪像

こちらは、昼間の様子です。大雪像「ウポポイ(民族共生象徴空間)2020.4.24OPEN」は、日中と夜で雰囲気がまた異なり、昼間は雄大さを感じられます。雪像中央の村を守る神「コタンコロカムイ」(シマフクロウ)の立体感、精巧な翼は必見。


\最新版をダウンロード/
イベントボタン


8丁目小雪像

広場内の小雪像にも注目! いなば食品「猫がちゅ~るをなめている。」は、猫の愛らしい表情が特徴的。この他、人気スマートフォンゲームのキャラクター雪像もありますよ。

8丁目広報ブース

「雪のHTB広場」には、陸上自衛隊による雪まつり広報ブースが設けられています。さっぽろ雪まつりの歴史などを教えてもらえるので、気軽にお立ち寄りください。

8丁目の様子

温かいドリンクや出来立ての料理を味わえるフードブースや、さっぽろ雪まつりの公式グッズの販売ブースなどもあるので、こちらの会場もじっくりとお楽しみください。


\かわいいグッズがいっぱい/
グッズ紹介ボタン