Loading...

NEWS

2021年(令和 3 年)開催予定の第 72 回さっぽろ 雪まつりについては、 大雪像の制作を行わず、規模を縮小しての開催を検討することといたしました。
詳細はこちら

  • 大通会場
  • つどーむ会場
  • お知らせ

市民雪像制作の抽選会を行いました

place-1.jpg

「第71回さっぽろ雪まつり」の大通会場・つどーむ会場に設けられる市民雪像の制作グループを決める抽選会を、2019年12月10日(火)18時30分から札幌市内にある「道新ホール」にて行いました。

大通会場は808件、つどーむ会場は3件、合わせて811件のご応募をいただき、ありがとうございました。その中から抽選で選ばれるのは大通会場が77基、つどーむ会場が5基となっており、大通会場の当選倍率はなんと約10倍! 抽選会場となった「道新ホール」も満席となり、当選を願う多くのみなさんの熱気に包まれました。

応募してくださった皆さんの期待を受けながら、1組目の抽選をする際には会場内に何とも言えない緊張感が漂いました。

インタビュー

こちらは、当選されたグループの代表者。お話を聞いたところ、札幌のプロサッカーチームのボランティアの皆さんでグループを組んで参加されるとのこと。日本代表選手の雪像を制作されるそうです。まずは、抽選に当たってホッとしている様子。「昨年に続いて今年も当選したので嬉しいです。15名ほどで制作するのですが、みんなで楽しく一致団結して制作できればいいなと思っています」と、意気揚々と答えてくれました。

この後も順調に抽選が行われ、会場内では喜びと落胆の声が飛び交いました。当選されたグループの皆さんは、2020年1月11日(土)に行われる技術講習会を経て、1月末頃から会場にて雪像制作をスタートします。残念ながら今回は当選されなかったグループも、また次回ぜひご応募くださいね。