さっぽろ雪まつり70回記念プロジェクト

大通会場(2丁目)

Mirai yuki広場

デジタル技術と雪まつりが融合し、新しい形の雪まつりを体験できます。AR(拡張現実)技術を使った「雪ミクAR雪像」や、雪玉を当て映像を変化させるスノー・インタラクティブ・ゲーム。そして、未来の雪まつりの姿や、描いた雪だるまを新たな映像技術を使って投影するブースなど、未来の雪まつりを一足早く体験できます。また、北海道各地のおまつりを紹介するコーナーも開設。

世界初! スマホアプリで楽しむ雪ミクAR雪像

スマホを雪像にかざすと2019年テーマソングにあわせて、雪ミクが雪像から飛び出します。雪像と音楽、そしてAR(拡張現実)技術が融合し、今回の雪まつりだけの特別な体験ができます。

[ステージ実施内容]
10:00~22:00
※1回約2分、10分間間隔で実施
※システムメンテナンス等により中断する場合があります。

スノー・インタラクティブ・ゲーム
雪玉を投げて遊ぼう!

LED大型パネルに映し出された映像を狙い、雪玉を投げてみましょう。うまく当たるとセンサーが感知し、映像の内容が変化します。雪に触れて身体を動かすこのゲームは世代を問わず家族でお楽しみいただけます。

©北海道新聞社
※画像はイメージです
©北海道新聞社

[実施内容]
11:00~21:00(受付10:30~)
※機材メンテナンス等により中断する場合があります。

「シーザーズ・エンターテインメント・ジャパン」×「No Maps」 Performance of 70 Yukidaruma
@Mirai yuki広場

「シーザーズ・エンターテインメント・ジャパン」と札幌クリエイティブコンベンション「No Maps」が初めてのコラボレーション企画を実施。
雪まつりのシンボル「雪だるま」の未来の姿。
描いたその場で「Yukidarumaハウス」内の壁⾯スクリーンに映し出される多種多様な ‟未来の雪だるまたちによる愉快なパレード“ をお楽しみください!
実施時間 / 11:00〜 21:00 事前申し込み / 不要(⾃由参加)

<ブースイメージ>


※画像はイメージです

「元気です 北海道」応援プロジェクト

北海道で始まった「元気です北海道」と共に、元気な北海道の“イマ”の魅力をお伝えするプロジェクトです。さっぽろ雪まつりにお超しいただいた皆さまに、さっぽろ雪まつり以外の道内のさまざまなおまつりを大型サイネージでご紹介します。札幌の中心で道内各地のおまつりに触れていただき、新たなおまつりとの出会いを創出します。
【「元気ですーぷ北海道」振る舞い日時】
①11:00~ ②14:00~ ③18:00~
毎日3回、各回先着500名様に、道内各地の食材を使った彩り豊かなスープを日替わりで振舞います。

~振る舞いスープ~
北海道産えんどう豆のスープ(安平町産:カマンベールチーズ使用) 4日・6日・9日・11日
北海道産コーンスープ(美瑛町産:焼きとうきび使用) 4日・7日・9日
北海道トカチマッシュとしいたけのスープ(むかわ町産:しいたけ使用) 5日・7日・9日
北海道産ビーツのスープ(興部町産:有塩発酵バター使用) 5日・8日・10日
北海道産オニオンスープ(厚真町産:豚肉使用) 6日・8日・11日